🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~

社会人になるまでほとんど友達と旅行にも行ったことのない、コテコテの箱入り娘が友人の死をきっかけにバックパッカーになったお話。 ただ、読むのではなく、感じながら一緒に地球を歩いてくれたら嬉しいです

【足跡】23話

ブログランキング・にほんブログ村へ

前回までのお話👇
【足跡】22話 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~



ランキングに参加し始めましたので1クリックお願いします👇
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 私の前に姿を現したのは
白い棺に入った竜太だった




その棺と一緒に運ばれてきた遺影



その写真を見てグッと心臓が締め付けられた




何とも言えない感覚




喉の奥を絞められたような

息が止まるような
そんな気持ち






無意識に目に溜まる涙


息が苦しくて 声を出さずにその涙は流せなかった



ガタッ




間もなく,係りの人によって棺の蓋が開けられた




『りゅうたぁぁぁぁあ!!!!!』




竜太パパが思わず叫び
その声だけが、フロアに響き渡った






私は….

竜太に会うのが怖かったのか

この現実を受け入れたくなかったのか




あの白い箱に
すぐには近づけなかった


そして花を手向ける時には足が震えていた




棺を覗くと
遺体の状態の関係で全身布を巻かれた竜太がいた








心臓の上辺りに花束を置いた




無心で顔をさすった




硬く

冷たい









【りゅうた?】

心で問いかけた




そして

竜太を確かめるようにして

何度も何度も顔をなぞった



笑った時に見える八重歯

可愛くて優しい顔




ギャップがあるたくましい身体

大きい手









視覚では確認することができないけど

瞳を閉じて再度なぞった









そこには最近まで元気に顔を合せていた竜太の姿がある









『今までありがとう。


守ってくれてありがとう』









現在ランキングに参加しています
みなさんの応援の1クリックが励みです
1日1回下のボタンをクリックして画面が変わったら完了です
私もマメではないですが、頑張りますのでお願いします⑅︎◡̈︎*
👇 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村