🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~

社会人になるまでほとんど友達と旅行にも行ったことのない、コテコテの箱入り娘が友人の死をきっかけにバックパッカーになったお話。 ただ、読むのではなく、感じながら一緒に地球を歩いてくれたら嬉しいです

【足跡】22話

ブログランキング・にほんブログ村へ

前回までのお話👇
【足跡】21話 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~




2009.2.27

葬祭場に向かう車の中




怖いくらい心臓は強くゆっくりと脈を打ち
車の窓から,雪がハラハラ降るのを無心で見つめていた




初めて竜太に会った時...
そうあの時も雪が積もっていて
手には大きなクリスマスプレゼントを持っていた



どんな人なんだろう
初対面の人..
無言になったりしないかな?


その割には不安というよりは
少しわくわくするようなそんな感覚で....



あの時はそんなこと考えてた




今日もあの時と見る景色は似ていて
外は真っ白

でも、手に持ってるものはプレゼントなんかじゃない




これから,竜太に会うんだけど
会話ではなく,何を伝えようか…
早く会いたい



気持ちが急かしている感じ
心臓がトクトクと脈打つ








葬祭場に到着




車から降りると
冷たい空気が身体を纏う
黒い喪服に積もる雪

顔に当たる雪は融けて水へと変わる


空を見上げると
なんだか竜太が泣いてるように感じた




【ごめんね】って



【逢いたいよ】って

そう感じた




---待合室---



花束の中に 出発会の時に撮った写真を挟み



竜太から貰ったバイトのTシャツから香る 懐かしい匂い

ラベルには「えりあ」の名前
竜太が無くさないように書いてくれた 大切なTシャツ

親族の方がみえたので挨拶を済ませた


目には涙が溜まっていたが
それがこぼれないよう 必死に堪えた



私よりもずっとずっと辛いと思ったから


目をつぶり,
深呼吸して
堪えた





火葬が行われるために係りの人に案内された




スタスタスタ....




そこへ 竜太がやってきた






現在ランキングに参加しています
読み終わったら下のボタンを1回クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村