読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eriaと感じる地球   ~足跡×道しるべ~

社会人になるまでほとんど友達と旅行にも行ったことのない、コテコテの箱入り娘が友人の死をきっかけにバックパッカーになったお話。 ただ、読むのではなく、感じながら一緒に地球を歩いてくれたら嬉しいです

【足跡】13話

ブログランキング・にほんブログ村へ

 前回までのお話👇

【足跡】12話 - eriaと五感で感じる地球 ~足跡×道しるべ~

 

 

 

父親の目線】

 

 

銃声を聞きつけ、応援のボートが着いた

 

 

冷たい川から竜太が引き上げられ、ボクたちのボートに乗せられた

 


吹き付ける風が
竜太に被せられたシートをめくり,その度に青白い顔が見え隠れする

 

 

声にならない嗚咽を繰り返す妻にボクは

 

見つかってよかったよな?
竜太は俺たちが探したから、ちゃんと出てきてくれたね

 


うん、、、うん、、、、、

 

 

何回も何回も頷く妻

 


日本を出発する際
ボクたちはタイに何日間滞在するのか予想もつかなかった

 


それを証拠に飛行機の帰りのチケットは
90日間有効のそれを予約していたのだ

 

 

 

 

 


それが現地に到着して2時間も経たないうちに竜太はボクたちの前に現れてくれた.........

 



 

 

 

 

ゲストハウスに程近い桟橋には
たくさんの人が竜太を出迎えてくれていた

 

やっと、暖かい地上に帰ってくることができた竜太

 

 


しかし、タイの気温と風習が竜太とボクたちを苦しめることになるとは、この時にはわからなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

今ランキングに参加しています。

みなさんの1クリックが励みになります

応援していただける方はページ上下にある球体の足跡マークを1日1回クリックしてくださると嬉しいです