🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~

社会人になるまでほとんど友達と旅行にも行ったことのない、コテコテの箱入り娘が友人の死をきっかけにバックパッカーになったお話。 ただ、読むのではなく、感じながら一緒に地球を歩いてくれたら嬉しいです

足跡【25話】

前回までのお話👇

【足跡】24話 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~

 

 

 

2003年 4月  

*写真は当時のケータイ撮影のものなので画質が粗いです

 

 

 

当時15歳


晴れて一般試験にて埼玉県の浦和南高校入学
無事に高校生になれたのである




偏差値は60くらい

レベル的には中の上的な学校

この浦和南高校は人気高だった


何と言っても
●髪の毛の色…自由
●スカートの長さ…似合ってればなんでもOK
●化粧…OK
●行事事
…みんな大好きですごく盛り上がる
…女の子は普段より気合い入れて着飾る
●先生…ノリが良い
●ソックス…なんでもあり
…etc

まぁ…
とにかく私たち生徒にとっては自由な学校で人気だった訳です



私は南高の女子の部活で1番キツイと言われてて県大常連のバスケ部へ入部


毎日走って,走って、走って
ボールを追いかけた

 

当時校則はほとんどなかったが
女バスにはいくつか暗黙の規則があった

●髪の毛は短く
●化粧NG
●髪の毛染めるのNG
●部活中にプライベートの感情持ち込むのNG
●部活中他の部の人と話すのNG
………とか






その一方
男子の部活で1番厳しいのはサッカー部だった




南高はサッカーの名門校で【赤き血のイレブン】のモデル校になっている
男の子はサッカー部目当てで高校を選ぶ人がほとんど


1年生の時は坊主というのが伝統で
白いTシャツにマッキーとか太いペンで,でっかく前と後ろに自分の名前を書いたNAME Tシャツを着るのがお決まりでした

 

なのでサッカー部は一目瞭然
坊主でNAME Tシャツを着てたらそれはサッカー部ということなのだ

人の名前と顔を覚えるのが苦手だった私にとってサッカー部はミンナ【同じ人】に見えた

 

 

 

 

顔と名前を覚えるのが苦手だった私はクラスの子の名前を絵に書いて覚えた

f:id:erianne:20180304151508p:plain

40人近いクラスメイトも1ヶ月近く一緒にいれば自然と名前も覚えて

 

5月に体育祭があり,

 

クラスも馴染んできた










夏休みは毎年恒例の大宮東高校、浦和西高校、川口総合高校との合同大滝合宿や鹿教湯合宿など

バスケバスケバスケな毎日

必死でボールを追いかけて、いっぱい走ってあっという間に夏も過ぎていった

 

 

f:id:erianne:20180304151912p:plain

 

 

 

9月には初の文化祭





初めての文化祭では

宮城という他校の男の子に気に入られ

流されるままにアドレス交換をした



この宮城は,私から見ればただのヤンキー

 

完全に無縁だった






でも,文化祭の日以来

彼は毎日私の部活が終わるのを待ち

帰り道の公園で1時間弱話を聞くのが日課になっていた

●喧嘩で口が膿んでくっついた話

●自殺未遂を2回した話

●彼女のリストカットの話

 

平凡に生きていた私からすると

話の内容が別世界の人の話のようで

現実味がないと衝撃を受けたが

私の知らない世界を教えてくれた人でした

 

でもこの中途半端な相談役をしたことで,

宮城は自分の腕に私の名前を彫ってしまったのが

すごくショックで,それ以来会うことはなくなった...

 

 

f:id:erianne:20180304153029p:plain

 

 

11月の暮れ頃だった

 

 

 

 

 

私のいた1年2組にはサッカー部が5,6人いた

 

そしてサッカー部の中でもイカツイ顔したたっくんが

何かといつも私を笑わしてくれてて

何か憎めない,安心感のある人で

たまにお昼一緒に食べることもあったりした

 


なんか…お父さんみたいだなと思っていました笑

 


この人には,イカツイ外見とは裏腹に

人を惹きつける何かがあった

 

男女問わず、ギャルもギャル男もマジメ君もギャルもマジメちゃんも

みんな友達になれる,自然と人が寄ってくる

そんな感じの魅力があったのだ

 

 

f:id:erianne:20180304153330p:plain

 

 

 

 

 

 

 

現在ランキングに参加しています
みなさんの応援の1クリックが励みです
1日1回下のボタンをクリックして画面が変わったら完了です
私もマメではないですが、頑張りますのでお願いします⑅︎◡̈︎*
👇</ p>

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【足跡】24話

前回までのお話👇

【足跡】23話 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~

 

 

 

私たちは係の人に誘導されて大きな釜の前にやってきた




ギィィィ





ガタン





竜太の入った棺は大きな釜の中に入れられ,釜の頑丈な扉がに閉められた







両親から順番にお焼香が始まる

私と母以外,親族だけなので,モチロン私の番は最後



自分の番になり
震える足で釜の前に立つ




しかし..
私の手は止まった



目を閉じて釜の中にいる竜太に小さな小さな声で話し掛ける

他から見たら,独り言を言ってる様に見えただろう









やだょ……やだょ...
やだやだ


竜太??

どこにいるの?
どこにいっちゃったの??


なんで帰って来ないの?
ねぇ…



また一緒にバイトするんでしょ?
3/1には帰ってくるんだょね?

死ぬって何?
どゆこと??




神様はどぅして竜太を選んだの?なんで竜太なの?

どこに連れてっちゃったの?




返してょ…




どぅにかすれば生き返るカモしれないじゃん

だから焼かないで
体をなくさないで…










この時私は
【大切な人を失って後を追って亡くなる人】
の気持ちが痛いほど良く分かった




【死】に対しての恐怖感がなくなったのだ





釜から出てきた竜太は

人間が簡単に抱えられる程の壺に入れられた




最後に触れた顔面の骨と
男らしいしっかりした喉仏が綺麗に残っていたのを今も覚えている









火葬も終わり
この日は帰宅した










そして

後々,竜太からの最後の贈り物を受け取ることになる

 

 

家に帰って
しばらくテーブルの椅子に腰掛け,沈黙が続いた




私は雰囲気が暗くならないようにと,

昔の携帯を持ち出して

お母さんに竜太との思い出話をした





全て当時も話してた...

 

 

 

現在ランキングに参加しています
みなさんの応援の1クリックが励みです
1日1回下のボタンをクリックして画面が変わったら完了です
私もマメではないですが、頑張りますのでお願いします⑅︎◡̈︎*
👇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アゼルバイジャンビザ申請@キルギス

中央アジアビザ取り合戦第1段

【アゼルバイジャン編】
ホールドなし


◆日数◆
10日

◆営業日/営業時間◆
月•水•金
10:00-12:30

◆持ち物◆
パスポートコピー(現地でやってくれました)
証明写真1枚
✔︎滞在する宿の予約表の英語印刷(1泊だけでok)
✔︎英語での旅程表


✔︎項目は折り目をつけない様に持って行ってください



旅程表は他に情報を載せてくださってた方のものを引用して穴埋めして印刷するだけで大丈夫でした🙆




【旅程表】

Dear consulate of the Republic of Azerbaijan in Bishkek To the Consulate of the Republic of Azerbaijan in the Kyrgyz Republic. My name is 名前 with the passport number パスポート番号.
I would like to apply for a single entry Tourist Visa to the Republic Azerbaijan. I hope to get an idea of the cultural life,architecture and environment.


Name:名前
Birthday : 誕生日
Nationality : japan
Passport No : パスポート番号
Purpose : tourist
Visa type:single
When :滞在期間(30days)
1.City (何日〜何日): 滞在する都市名
Hotel :宿泊ホテル名
Address:宿泊するホテルの住所
Tel :電話番号
2.City(何日〜何日) :滞在する都市名
3.City(何日〜何日) :滞在する都市名



それと....
◆申請書◆(現地で書きます)

例.








アクセス(南旅館から)

2回程ご紹介しました2GISのアプリを使って下さい💡←もぅ面倒臭くて説明したくない笑

参考➡︎キルギス•カザフスタン【バス•マルシュの最新便利アプリ】 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~

➡︎キルギスのおばあちゃん家【@南旅館】 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~

南旅館に到着した時のバス停①から252マルシュ🚐約30分

BMWが目印でバスを降りる

徒歩5分で到着


地図👇




少しでもお役に立てたようであれば、下のボタンをクリックして応援してくださる嬉しいです😊👇
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Instagramもよろしくお願いします♡
👉0eria0

キルギスのおばあちゃん家【@南旅館】

ズドラストビーチェ⑅︎◡̈︎




さて、Google翻訳のロシア語のダウンロードも済んだし中央アジアを回る準備が整ったぜ⭐︎(2017.7-9現在)

{→Google翻訳をオフラインで使う時日本語もダウンロードしておく必要があるので気をつけてね

まだの方はこちら🔜Google 翻訳を App Store で



( ^ω^ ){宿までのマルシュの乗り方や、前回紹介した【2GIS】:キルギス•カザフスタン【バス•マルシュの最新便利アプリ】 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~、アプリの使い方も後半紹介します⑅︎◡̈︎
)





では今日も頑張って書くので応援の1クリックお願いします👇
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







【1$=110円=69ソム 2017.8現在】

キルギス🇰🇬では
3週間程度
【南旅館】 にお世話になりました

🤑値段🤑
350ソム

【設備】
清潔○ wifi○ ホットシャワー有 タオル無 水圧○
キッチン有 冷蔵庫有 コンロ4つ コンセント共有スペースに3つ
ランドリー無 手洗い桶有 物干しスペース有


なんたって、可愛いおばあちゃんに癒される宿😍

田舎のおばあちゃん家に泊まりに来たと思ってね✩︎⡱


◆キルギス内では最安
◆予約サイトに登録していない、普通の民家でやっているため安い
◆シェア飯の主F氏がいれば今の所格安で絶品夕食が食べれるかも?!(もちろんお手伝いは率先してしましょう)
→Instagram #南旅館 で検索👆
◆予約はできないので、その日の訪ねた順にベッドが埋まります2部屋8ベッド(+簡易ベッド、廊下に布団を敷いてもらえる)


◆共有スペースがリビングなので、PCで情報を調べるのも良いですが、せっかくなので昔みたいに色んな人と話してリアルな情報を手に入れるのも良いですよね


日本人しか泊まっていないのですが、年齢層は28歳〜40歳くらいの世代が多いので私にとってはとっても居心地の良い宿でした









【空港からのアクセス】✈️

①空港に到着するとTAXIの運ちゃんやらなんやら、コンニチハ!!!ジャパニーズ?と親切そうなトーンで話しかけてくれます

しかし、『ふっ今日の良いカモが来たぜ🦆』とあなたの事がお金にしか見えていませんので、スカした微笑みで交わして外に出ましょう🤑




②外に出たら右です👉
何も考えずとにかく右に進みます👉👉

ワゴン車(こちらの国では通称マルシュ)の助手席の所に380番、逆から読んでお野菜オヤサイ(083)と覚えてくださーーい!!!!!!!!!
(逆に混乱の恐れ)


バスに乗り込んだらあなたの勝ちです



③マルシュにて市内へ出発 🤑40ソム

40分くらいで市内に到着 (最後まで乗ってて平気)


到着するのが、黄色の📍のバス停👇 Oshバザールの東に700mくらいのバス停です



④ここで早速使っていこう!!!!2GISを使って南旅館近くのバス停までを検索!!



◆
☝️起動
(オフラインで使うために必ず地図のダウンロードを先にしておいてください)

◆起動するとこの画面が出ます👇



これが出ないときは….
このボタンを押してルート検索をしてください👇




◆maps.meと照らし合わせながら自分のいる位置と目的地のピンを打つ




拡大すればもっと細かい道の名前や、建物の番号も出るので照らし合わせやすいです



☝️そーすると、自分のいる位置から目的地までのバス番号と乗り換え番号が出て来ます⑅︎◡̈︎


マルシュは一律🤑10ソム

時間は40分くらい乗ってたかな?



マルシュを降りたらあとちょっと!


【バスを降りてから南旅館】


1.バス停降り、反対側の道路渡る

2.渡ったら少し右へ歩くと左側にこんな感じのあるからくぐる
👇



3.くぐると左側に31Bと書いてある👇


4.3を見たら左側に曲がり、二つ目のドアが南旅館入口👇



この入口は外から入れないので、相手いない場合は【22】を押してくだされ

5.4階の22号室が南旅館でございます✩︎⡱





ちゃんとみなさんのお役に立てますように…..



少しでもお役に立てたようであれば、下のボタンをクリックして応援してくださる嬉しいです😊👇
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Instagramもよろしくお願いします♡
👉0eria0

【足跡】23話

前回までのお話👇
【足跡】22話 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~



ランキングに参加し始めましたので1クリックお願いします👇
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 私の前に姿を現したのは
白い棺に入った竜太だった




その棺と一緒に運ばれてきた遺影



その写真を見てグッと心臓が締め付けられた




何とも言えない感覚




喉の奥を絞められたような

息が止まるような
そんな気持ち






無意識に目に溜まる涙


息が苦しくて 声を出さずにその涙は流せなかった



ガタッ




間もなく,係りの人によって棺の蓋が開けられた




『りゅうたぁぁぁぁあ!!!!!』




竜太パパが思わず叫び
その声だけが、フロアに響き渡った






私は....

竜太に会うのが怖かったのか

この現実を受け入れたくなかったのか




あの白い箱に
すぐには近づけなかった


そして花を手向ける時には足が震えていた




棺を覗くと
遺体の状態の関係で全身布を巻かれた竜太がいた








心臓の上辺りに花束を置いた




無心で顔をさすった




硬く

冷たい









【りゅうた?】

心で問いかけた




そして

竜太を確かめるようにして

何度も何度も顔をなぞった



笑った時に見える八重歯

可愛くて優しい顔




ギャップがあるたくましい身体

大きい手









視覚では確認することができないけど

瞳を閉じて再度なぞった









そこには最近まで元気に顔を合せていた竜太の姿がある









『今までありがとう。


守ってくれてありがとう』









現在ランキングに参加しています
みなさんの応援の1クリックが励みです
1日1回下のボタンをクリックして画面が変わったら完了です
私もマメではないですが、頑張りますのでお願いします⑅︎◡̈︎*
👇 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

キルギス•カザフスタン【バス•マルシュの最新便利アプリ】

ご無沙汰しております



私のブログの事…覚えてくれてますか?笑



中米、南米、ヨーロッパを旅して7月末から中央アジアに来たので、最近と過去のを頑張って載せますので、引き続き応援お願いします
↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
instagramは常にタイムリーでお送りしております故、そちらもどうぞよろしく
→0eria0


ついに中央アジアIN!!!!

げ!!!!!!
そいえば移動方法とか調べてない💦( Ꙭ)


という事で
聞き込み調査の結果
すごい使えるアプリ発見💡💡


(o'³'o){中央アジアinする前にダウンロードをオススメします

超オススメがこちら!!!!↓
【2GIS】


【2GIS – Offline mapsを App Store で】

★地図をダウンロードしておくとGPS利用可能で現在地と到着地をピンで打つだけ!簡単!!!
★現在地近くのバス停から目的地付近のバス停で複数のパターンで検索可能



利用方法が分からなかったら気軽に聞いてください⑅︎◡̈︎




他のブログにアプリの紹介されていたけど私はGPSがなくて使い勝手が悪くて(地図が苦手?)で愛用しなかったアプリ

↓
【BUS.kgを App Store で】

★このアプリは現地人がよく使うらしく、ロシア語表記なので、私ははて?( Ꙭ)
ってなっちゃったので1回も使いませてんでした(´-ω-`)


お試しあれ〜( ˘͈ ᵕ ˘͈ )


現在ランキングに参加しています

応援してなさる方は下のボタンをクリックしてページが変わったらバッチリです⑅︎◡̈︎

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【足跡】22話

前回までのお話👇
【足跡】21話 - 🌎地球と70億の足跡👣~足跡×道しるべ~




2009.2.27

葬祭場に向かう車の中




怖いくらい心臓は強くゆっくりと脈を打ち
車の窓から,雪がハラハラ降るのを無心で見つめていた




初めて竜太に会った時...
そうあの時も雪が積もっていて
手には大きなクリスマスプレゼントを持っていた



どんな人なんだろう
初対面の人..
無言になったりしないかな?


その割には不安というよりは
少しわくわくするようなそんな感覚で....



あの時はそんなこと考えてた




今日もあの時と見る景色は似ていて
外は真っ白

でも、手に持ってるものはプレゼントなんかじゃない




これから,竜太に会うんだけど
会話ではなく,何を伝えようか…
早く会いたい



気持ちが急かしている感じ
心臓がトクトクと脈打つ








葬祭場に到着




車から降りると
冷たい空気が身体を纏う
黒い喪服に積もる雪

顔に当たる雪は融けて水へと変わる


空を見上げると
なんだか竜太が泣いてるように感じた




【ごめんね】って



【逢いたいよ】って

そう感じた




---待合室---



花束の中に 出発会の時に撮った写真を挟み



竜太から貰ったバイトのTシャツから香る 懐かしい匂い

ラベルには「えりあ」の名前
竜太が無くさないように書いてくれた 大切なTシャツ

親族の方がみえたので挨拶を済ませた


目には涙が溜まっていたが
それがこぼれないよう 必死に堪えた



私よりもずっとずっと辛いと思ったから


目をつぶり,
深呼吸して
堪えた





火葬が行われるために係りの人に案内された




スタスタスタ....




そこへ 竜太がやってきた






現在ランキングに参加しています
読み終わったら下のボタンを1回クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村